大切な時間♪2012年7月乳ガン告知からの日々

ガン告知からの日々の話です。仕事や愛犬 生意気な娘の話など♪

7月20日
2012-10-27 18:18

7月20日・・・
Uちゃんに車で送ってもらい病院へ。
Uちゃんはそのままいったん会社へ行きました。

9時の予約でした。
名前を呼ばれ診察室へ・・・
女医先生「先日、健康診断で触診したのは私です。今日は気になるところがあるので精密検査をします」
私「お願いします」
ここでマンモの画像を見せてもらい、おかしいと思われる部分を説明してもらいました。
そのあと部屋が暗くなり、エコー
女医先生が時間をかけ見てくれてました・・・・
女医先生「形が悪性のしこりがあります」とか色々説明をされ、細胞針をされました・・・・
細胞針のあと・・・
女医先生「4.5cmのしこりがあります(後の病理で6cm以上!ありました)今日の細胞針の結果を待ちますが     形からみてもまず、悪性だと考えられます」
私   「・・・・・・そうですか」
女医先生「他にもいろいろ検査をしていきましょう」 
私   「娘がいるんで、手術とかするなら夏休み中にしたいです!!」  
女医先生「状態によっては手術できない場合もあります。でもお急ぎなら検査を早めましょう」
とその日に・・・レントゲン・採血・CTを取るように言われました。
そして1週間以内に肺の検査、腹部エコー、もう1度乳腺エコーと検査の予定が入りました。
細胞針の結果は27日に出ると説明をされ・・・・診察室を出ました。
診察室でてから受付の人に説明をされ・・・検査へ・・

ここで、朝、送ってくれたUちゃんにメール
癌みたい・・・・しかもデカイ・・・と。
泣きたいような・・・現実ではないような不思議な気持ちでした。

でも・・・本当は「やっぱり」の気持ちが大きかったかも・・・

UちゃんんはCTの検査待ちをしてる間に病院に来てくれました。
CT・採血・レントゲンなどの検査が終わり・・・車へ。
急に悲しくなって、涙がでました。
泣いても仕方ないと思いつつ涙が・・・どんどん・・

家に帰り、姉にも連絡。また悲しくなって・・・笑 泣きました。
ただし・・・娘には言えないのでそこは!泣かずに我慢しました・・・(当たり前?)
娘には、後日、私が落ち着いた頃、乳がんだと伝えました。
中2なので気がついていたみたいです。

そして姉が「1つ自由診療だけどいい病院知ってるから行こうか?」と言ってくれ7月23日に予約がとれ、姉と姉の旦那さんと私とUちゃんで行くことになりました・・・・・
私も何かしてないと落ち着かない状態だったんで、ありがたかったです。
続く
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://minmin442.blog.fc2.com/tb.php/2-de3dd427
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する