大切な時間♪2012年7月乳ガン告知からの日々

ガン告知からの日々の話です。仕事や愛犬 生意気な娘の話など♪

他力本願★の私。ただの・・日記です。
2012-11-23 09:38

私は人生、本当他力本願でした。
どういう感じかと言うと・・・・

就職は自分がしたい仕事もあったけど→親が決めてきた会社へ入社。
ただ・・人間関係に恵まれてすごく楽しかったんですけど。笑

結婚→→いかにも守ってくれそうな男性と結婚。
   この時点で私は、努力もせずにもう・・幸せにしてもらえると思ってしまうんですね・・(馬鹿)
   色々あった結婚生活 不妊治療の末 娘を出産 結局離婚したけども、離婚の原因は借金でもなく
   DVでもなく、お互いに「愛」はなかったけど、最後まで人間的には良い人との結婚だったと思います。

離婚の決断の前に・・・
   母が入院していて、お見舞いに行ったんです。
   談話室みたいなとこで話していると、60代ぐらいの夫婦がご主人が病気らしくて、奥様がずっと背中をさ   すってあげてました。それを見ながら 私は思ったんです。
   私たち夫婦はお互い病気しても、支えあえるんだろうか?って。そのときは私はもちろん健康だったんです   けど。 17年の結婚生活。そのうち10年以上も寝室も別。
   離婚はスムーズでした。元、旦那さんも離婚したかったみたいで、娘には申し訳なかったけど、17年の
   結婚生活が終りました。

40歳・・・離婚しても他力本願は変わりません・・・・汗
仕事もあり、お金は苦しくなったけど食べてはいけます。

そして、目の前にいる・・・Uちゃん
また私は思うのです・・・40を超えてるくせに・・また幸せにしてもらえそう・・・と。笑

だけど、1つだけ、気がついたんです。
ある方の講演の話をCDで聞かせてもらったとき、私は完璧な他力本願だと。

例えば料理をする・・・美味しいかどうかだけが・・・気になって相手からの優しい言葉を待つ。
優しい言葉がないと腹が立つ。だけど、本当は自分がどうしたいか?なんだよね。
そこで怒りを覚える必要はない・・・表現が下手なもんで、わかりずらいと思いますが・・
自分が変わる。変わりたい。と思える講演の内容でした。

そして、45才乳がん・・・
やってきました・・・・
他力本願では乗り越えられない大きな試練。
自分が先頭に立たないと闘えない。そうなると人は強くなりますね・・・
本当、色々調べ、セカンドオピニオンも、免疫療法も納得できる治療を必死で探しました。
癌と告知されて、泣いてる時間はなかったです。忙しくて。笑

他力本願と周りからの支えは別物だなって思います。
闘う上で、周りの支えほど嬉しいものはないから。私の他力本願とは自分の心の持ち方の問題なんです。

とは・・言え。。。Uちゃんには辛く当たってしまうことも・・・笑
「私はどうせ・・胸がもうないし、これから治療で太るだろうし・・・」とか・・笑
「どうせ年上でおばさんだし」とか・・・「頭はハゲだし・・・」とか。笑
相手が言われて困ることをついつい。。。言ってしまう事も。

まだまだ。。。他力本願の私がやってきます!笑 (こんな思いから救ってーーーって)

乳がんになって良かったなんて、もちろん1度も思えません。
変わる外見に心乱れたり、悲しくなったり。苦しくなったり。

でも生きたい。

だからまた前向きになれます★

長い日記で・・・・ごめんさい。


にほんブログ村

















スポンサーサイト

トラックバックURL
http://minmin442.blog.fc2.com/tb.php/52-ad8ce176
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する